マーブーブログ

ボルダリング専用クライミングジム・マーブー
クライミングジム・マーブー トップページへ
初めての方お知らせ料金 / 営業時間講習会のご案内映像と写真エスプレッソお問い合わせ

お知らせ

普段のNEWSは Facebook か、 twitter でチェック
<< MABOO的セッター育成プロジェクト | main |
こんにちは、お久しぶりですTOKIです。

浅草のオープンからバタバタと日々が過ぎて中々マーブーに戻れませんでしたが、インスタに上がる動画とチョークがめちゃくちゃについたホールド達に常連や遠征の方が楽しんでいるんだろうと想像を膨らませていました。

実は前々回より、セットディレクターという新しい挑戦をコッソリと初めています。

チーフでは無くディレクター。
現場で指示を出す事は勿論ありますが、事前のミーティングと出来た壁とお客様の反応を見て次の方向性を決めセッターに道筋を示します。
真ちゃんと山内。力のあるセッターが2人いるお陰で何とか形になってきました。

僕のしたい壁を誰かに表現してもらうのでは無く、目的をハッキリして評価しセットを円滑に前に推し進める。

お客様との距離が遠いポジションに中々慣れないですが少しづつ「形」になってきている気がするんです。

そんな中、今回のMABOOはお客様は刺激を求めているのでは無いかと思い、
挑戦的なセットにしました。
コンペの様なヒリヒリ感、小さな身体の動きは大きな変化を生み結果を変える。
ワンムーブの些細な要素に気付き感動をする様な課題をセッター達が用意してくれたのです。

なのであれです。
いつものあれです。
前置きが長くなりましたがあれです。

「カライ、ツライ、ムズイ」

ダラダラ書くのに疲れたので要約するとそんな感じ。
もちろん簡単なグレードはいっぱいありますがいつもよりも一癖、いや二癖くらいある感じです。
コレがウケなかったら僕のせい。
でも感じてくれる部分があると思うんですよね、きっと。

MABOOの更なるステップアップになる今回のセットは少し長め、追加する課題達はこれからの皆さんの反応を見て山内とミーティングをし「質」を決めていきます。

セットをビジネス的に捉え、現場をこなしまくってきました。アメリカでプロモーショナルなセット学び、SNSを活用したセットを研究してきました。
そんな僕が新しいスタンスからセットを分析して出した答えが今回のセット。

この挑戦がどうなるかは分かりませんが、何故か不安では無いです。
僕の自信はどこからきているのかは登ってからのお楽しみ。
皆様のご来店をお待ちしております。
web拍手 by FC2


最新のお知らせ
カテゴリー
マーブーオンラインショップのブログ新着情報
twitter.gif
過去のお知らせ



RSSリーダー

このページのトップへ