マーブーブログ

ボルダリング専用クライミングジム・マーブー
クライミングジム・マーブー トップページへ
初めての方お知らせ料金 / 営業時間講習会のご案内映像と写真エスプレッソお問い合わせ

お知らせ

普段のNEWSは Facebook か、 twitter でチェック
<< 海シン3 〜 4度目のシンガポール 〜 パート3 | main | 年末年始の営業予定について >>
シンガポールは多民族国家。
宗教もたくさんあり、また宗教によって食生活も様々。
集合屋台街であるホーカーズセンターには、昼夜問わず人が尽きることがありません。
ホーカーズセンターでは、中華料理、マレー料理、インド料理、タイ料理、ベトナム料理、日本食、場所にもよりますが楽しめる料理の種類は豊富です。
日本でも世界各国の料理は楽しめるとは思いますが、シンガポール各地に無数にあるホーカーズセンターにて、比較的安価に様々な料理を楽しめるのは、この国の大きな魅力に感じます。

僕はいつも、この豊富さ故に迷います。
食は大事です。
明日の身体は今日の食で出来ている、と言っても過言ではないはず。
食は大事です、なので種類が豊富だと迷う、当然です。
ホーカーズセンターに行くと、たくさんある飲食店を一周見て回って悩んで、3周くらい悩みに悩む時もあります。
僕の場合は、いつも同じのばかりでなく違う種類のものを楽しみつつ、お金をかけ過ぎることなく、いかに満足度を高くできるか、で考えてます。

自分で言っておきながら、明日の身体のこと一切考えていない海藤です。
もう食の話はやめておきます。

今、成田空港からマーブーに帰ってきたところです。
そう、無事仕事を終えて、日本に帰ってきました。

そんな長い間海外にいたわけではないですが、周りに日本人が多いのが不思議な感覚です。
通りすがりの人々が日本語で会話しているのとか、どんな内容でも話してることを理解できるっていうのは、感覚が違いますね。
シンガポールでは、話が聞こえても内容が理解できないことのほうが多く、聞いていても聞こえていないような感覚です。

今回のシンガポール、ぶっちゃけ僕は油断していました。
シンガポール生活は慣れた気でいたし、そこそこ英語は話せる気でいたし、仕事もそこそここなせる気でいました。
でも結果は全然違いました。

慣れた気でいたシンガポール生活、お金は日本円を現地で少しずつ両替していたのですが、最後の方は少し足りなくなってしまったり、あげく必要である道具を日本に忘れていたり。
なにより、英語は話したいことが伝わってないどころか間違って伝わっている可能性に気付き、言いたいことが勘違いされて伝わってしまっているのでは…と、弱気になる時があったり。
こういう時にコミュニケーションをとらないと悪循環になるだけなので、なるべく気を取直している気でいましたが、それでも行動自体が弱気になってしまっていたのでは、と振り返って感じます。

初とも言えるルートセット講習の助手、しかも英語。
新規ジムのオープ二ングセット。
慣れていないことだし、思った通りにいかないなんて当然だとは思います。
それでも、準備も然り、変化への対応力が足りなかった。
毎日少しずつでも挑戦している時に得られる、変化する環境に対応できる、対応能力のような…。
上手くは言えないですが、僕はそういうものがもっと必要な気がしました。
要するに、全てにおいて経験不足です。

幸い、僕は新しいことに挑戦すること自体にはあまり抵抗はないようです。
今回で言えば、トイレでの出来事でもそうですね、あれはまたちょっと違いますか。
ちょっと例え話が下手でしたが、僕自身はどちらかというと、変化していきたいとは考えています。
この変化が、油断による退化ではなく、より大きな進化であったほうがいい。

より多くのことに挑戦し、より多くを経験し、自分をより高めて、より良く人の為になるものを提供したい。
少し、大きなことを言ってしまいました。
それに、僕の歩みは人一倍遅いことを忘れていました。

現に、シンガポールへ来て最初の3日間のルートセット講習。
参加したシンガポールセッターの方々は、たった3日で、僕の半年分は成長したのでは…と感じずにはいられませんでした。
凄いです。
凄まじい成長を遂げることにも、そもそもそれを教える講師にも、僕は感激しました。
純粋に、凄いな、としか言葉がでません。

けど、真似出来なくとも少しでも、僕自身も成長したい。
歩みは遅くても、ゆっくりと少しずつでも、諦めることなく続けていきたい。
続けることが成長に繋がる、と信じているからです。
何事も、鍛練あるのみ。

もし次回、シンガポールへ行くことになったら、電圧変換器とコンセント変換プラグ、あと少し多めのポケットティッシュを忘れずに持参したいですね。
失敗から学ぶ、これも大事。

僕のこの迷走記録が、これを読んでくれた皆様が、例えば海外へ行く時などに、ほんの少しでもその背中を押せるものであったらいいなぁ、なんて思っています。
もしそのようなことがあれば嬉しいかぎりです。
その時は、是非ともお話しを聞かせてください。

最後まで、こんな文章を読んでくださり、ありがとうございました。
これからも挑戦を続けていきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。


web拍手 by FC2


最新のお知らせ
カテゴリー
マーブーオンラインショップのブログ新着情報
twitter.gif
過去のお知らせ



RSSリーダー

このページのトップへ