マーブーブログ

ボルダリング専用クライミングジム・マーブー
クライミングジム・マーブー トップページへ
初めての方お知らせ料金 / 営業時間講習会のご案内映像と写真エスプレッソお問い合わせ

お知らせ

普段のNEWSは Facebook か、 twitter でチェック
<< ちょっとしたお知らせはFacebookかTwitterから発信していきます。 | main | 移転後の月パス及び回数券の取扱いについて >>
こんにちわ。
移転のアレコレと普段の業務が重なって、そりゃもう猫の手でも借りたいくらいの店長です。
猫の手というか、猫を借りたい。
飼いたいってわけじゃないんです、飼ったら愛しすぎてしまって生活どころじゃなくなっちゃうので。


そんな感じで、ブログもまともに書けず恐縮です。
最近面白いこと発見したんで、久々に具体的なトレーニング方法について書きたいと思います。


クライミングの動きについて簡潔に言うと、
「不安定な状態を安定化させること」です。

それなりに真をついた表現だと僕は思っているのですが、どうですか?


最初に結論から言いますが、その手軽なトレーニングっていうのは、

「普段歩く時、手と足を同時に出して歩く」です。
普通と逆ね。


これこそがスーパーミラクルなトレーニングだと、最近は自分の中で流行ってるんです。まあ、それが効くかどうかはみなさんの考え方やその他の色々な努力次第だとは思いますが。


一応説明します。

「不安定な状態を安定化させる」といいましたが、安定化させる為にムーブをはじめとする様々なテクニックがあり、力の使い方や力の逃がし方があり、各筋肉の強化があります。
一番わかり易いのが「体幹」と呼ばれてるやつで、まあこれは実際にそういうものがあるってわけじゃなくて、総称みたいなやつなんですが、少し具体的に言うと「インナーマッスル」ってことですね。いや、インナーマッスルと言ってもそういう部位があるわけではなくて、まあ深い場所にあって、主に姿勢維持に働く筋肉なんですが、例えば小円筋とか棘下筋とか大腰筋とかチョーヨー筋(漢字わからない)とか、そういった部位。
それらを鍛えていく。
鍛えていくというのは、筋肉を強くすることと、それを使えるようにすること。イコール、使えるようにすると、強くなる。


そうそう、よく「体幹を使う」っていうじゃないですか?
意識して使えない部分なので、使えと言っても使えません。そして、使うなと言っても使ってしまいます。どうやら意識外にあるもののようです。ここらへん結構重要な部分なんですが、意識外のものを意識の中に持ってくるというトレーニング、そして意識外のものはそのまま意識外のものとして、勝手に効率的に使えるようにしていくトレーニング、という2つの考え方に分けられるのですが、今回は勝手に使えるようにしていくトレーニングのひとつです。

で、誰でも知らないうちに使っているのが「体幹」なんですが、例えば歩くとき、座るとき、いつでも意識下で使っています。人間は2足歩行ですから、動くときは常にバランスが不安定になりますので、それを自然とバランスを取っているわけですが、そのバランスを取っている時には常にインナーマッスルが働いているわけですね。

これは、疲れても「疲れたー」って実感があるわけではありません。そのくらい深い部分。


話が脱線しつつあります。



えっと、それで、バランスを取っている時に使っているのが主にインナーマッスルであり、体幹であると。
なんとなくイメージできますか?
イメージさえできれば話は早い。

クライミング中の動作においては、そこらへんがとても重要なんです。なんてったって、クライミングはバランスが命。バランスを取る為に色々練習してるようなもんですから。


んじゃあどうやって体幹を鍛えていけばよいかと。自然とそうなります。
インターネットで検索すれば腐るほど出てきます。体幹トレーニング。youtubeなんかでも腐るほどあります。
そうしてクライミングに合うトレーニングを探して、実践してきました。いろんなことやってきました。続かないんだけど。つらいから。
簡単にできるっていったって、続かなきゃしょうがない。僕にはそんな精神力がありません。残念ながら。
実際に続けている人ってどのくらいいるんだろう。目に見えて効果があらわれることは無いし、下手すれば良いクライミングフォームに悪影響が出る恐れすらあります。


さて、そんな経験を経て、超ミラクルなトレーニング方法を見出しましたってわけです。


歩いているときに、手と足を同時に出す。

と、バランスが不安定になります。もちろん。

それを体が安定化させようとします。
始めのうちは動きがとてもギクシャクします。もちろん。

それでも続けていくうちに、普通に歩けるようになってきます。
そのうち、考えなくても手と足が同時に出るようになってくるんじゃないかと思います。(まだそこまでいってないので)

ちょっと難しいとか、人前でやるのが恥ずかしいって人は、ちょっと段階を落として、手を一切動かさないことからやってみるといいと思います。

手を動かさないといっても、肩が動いちゃだめですよ。肩から腕にかけての部位でバランスを取らないことです。
じゃあどうやってバランスを取っているかというと、まあそれが「体幹」なんじゃないかと思うわけです。


これを一番手軽な体幹トレーニングと考えて、色々枝分かれしていけると思います。
まずはここから。


やってみたくなったでしょ?



クライミング向きのトレーニングの考え方は、不安定な状況をつくり、それを体の芯で押さえ込む方向でプランニングしていくと、効率的な動きのトレーニングになると思います。それがフィジカルトレーニングの基本であると考えてもいいのではないでしょうか。

まあなんにせよトレーニングのやり方もバランスが必要です。
ハードトレーニングは体を壊してしまうし、続けるのが大変です。

自分なりに色々考えて面白いトレーニング方法を編み出してみるってのも楽しいし、モチベーション維持にもなります。
そんで、面白かったら是非僕にも教えてください。
コッソリ、ね。


個人的には、トレーニングの効果よりも、このブログを見た人達がみんなそんな歩き方してて駅のホームとかですれ違ってお互いハッとしたりするようなタイミングを見てみたいです。
想像するだけでニヤっとしちゃいます。

web拍手 by FC2


最新のお知らせ
カテゴリー
マーブーオンラインショップのブログ新着情報
twitter.gif
過去のお知らせ



RSSリーダー

このページのトップへ