マーブーブログ

ボルダリング専用クライミングジム・マーブー
クライミングジム・マーブー トップページへ
初めての方お知らせ料金 / 営業時間講習会のご案内映像と写真エスプレッソお問い合わせ

お知らせ

普段のNEWSは Facebook か、 twitter でチェック
<< コンペに出ると強くなります | main | フロムNZボルダリングシーン >>
見てみるとファンタスティックなホールドと壁がある。



楽しそうな課題を登る。



課題を見るのも、登るのも、ストレスが無いからより純粋に楽しめる。



登ってみると楽しい動きを感じる。



楽しいから何度も登る。



より良いフォームは何なのか考える



同じ課題で色々試してみる。



フォームが良くなってくる。



時間が経つとフォームのことを忘れてくる。



ホールドが変わる。新しい課題が追加される。



楽しくてワクワクしながら登る。



楽しくて何度も登るうちにフォームのことを思い出す。



フォームを修正する。



上達する。



上達すると楽しくなる。



楽しい課題がより楽しい課題になる。



課題を見る目が肥える。



フォームを見る目が肥える。



自分との向き合い方が変わる。



一人は一人、セッションはセッションで、今までより多くの楽しみ方がわかってくる。



上達のスピードは加速する。





これが、マーブー方程式のひとつ。

よいシステムの式。





テープを目で追わないと課題がわからないものや、邪魔なホールド、怪我やムーブ習得の妨げになるような悪質な課題は排除しなければならない。

パっと見てすぐに課題がわかり、登りたいと直感で感じられる課題とホールド、ホールドの色、壁の色。

混みすぎる空間や、近すぎる壁のレイアウトは登りたい欲求の妨げになる。

徹底したストレスの排除と、登りたい欲求・刺激のサポート。



進化とチャレンジは続きます。

web拍手 by FC2


最新のお知らせ
カテゴリー
マーブーオンラインショップのブログ新着情報
twitter.gif
過去のお知らせ



RSSリーダー

このページのトップへ