マーブーブログ

ボルダリング専用クライミングジム・マーブー
クライミングジム・マーブー トップページへ
初めての方お知らせ料金 / 営業時間講習会のご案内映像と写真エスプレッソお問い合わせ

お知らせ

普段のNEWSは Facebook か、 twitter でチェック
最近、栃木県の藤坂ロックガーデンが登攀禁止になりました。

東京周辺のボルダラーには関心の外にある話題かもしれませんが、今回の封鎖に際してブログに綴られた記事に改めて目を通したところ、是非多くの方に見てもらいたいと思い、ブログに掲載することにしました。


登攀禁止の理由は「事故の多発に伴い、当局(救急隊・警察)への出動要請が度重なり、関係各位へこれ以上のご迷惑を掛けることは心苦しく。」とのことですが、この記事を書くにあたり、僕はルールを守らない人が悪いとか、マナーを呼びかけるとか、そういう思いは一切ありません。

ただ、こういう岩場があって、その岩場の開拓の話、それに関係する人の想い、そういうものが沢山あるんだってことを、クライミングについてまだ知らないことが沢山ある人たちに是非知ってほしいと思いました。

正直な話、クリーンクライミングだとかなんやかんややっていますが、僕だってクライミングについて全然知らないことばかりで常に手探りです。
ルールやマナーを啓蒙すれば、逆にルールが定着しすぎて良くないという意見も少なくないし、それすらを放棄してしまっては前に進むこともできない。ジムオーナーとしてというよりはクライマー個人としてやっているようなものですが、それでもジムの名前は使うし、時間と体力の範囲内でできることがあればなんだってやっています。

しかし、そういうルールやマナー云々は置いておいて、ただただ、こういう事実自体をもっと多くの人に知ってもらいたい。
それぞれの岩場はみな異なる環境や状況で開拓されているものの、1本のルートや1つの岩にかけるクライマーの想いというのは皆同じようなものではないでしょうか。

何度も言いますが、だからといって岩を登るときはああしなきゃいけない、こうしなきゃいけないとか言いたいわけじゃないです。

こういった岩やルートへの想いってのは、読むだけで熱くなったりしませんか?
藤坂ロックだけじゃなくて、全国各地にある素晴らしいルートにかけるクライマー達のそれぞれの想いを知ると、僕はいてもたっても居られなくなってしまうほど熱くなるのです。

それが何だって言われたらそれまでですけど、僕はそれが楽しくてしょうがないのです。
そういった想いや歴史こそがクライマーの文化であり、全世界の知らないクライマーとも共感しあえる大事な部分だと思うわけです。

最近クライミングを始めた人や、岩に行き始めた人にとっては全く共感できないことかもしれないですが、そういう部分を大切にするクライマーはとても多くて、みんなにもそうなって欲しいと心から願っています。

普段ジムで登っている人たちの間でこんな会話がかわされることは無いかもしれませんが、今はインターネットで色々なクライマーのブログだとか読めるし、雑誌からだって文化に触れる機会は沢山あります。

クライミングって、登ること以外の素晴らしいこと、楽しいことがたっくさんあるんです。
「知ること」で、きっと貴方のクライミングはもっともっと充実した生活の一部になってくるはず。

そうやって、みんながみんな色々な意見、考え方、感覚を持って、岩登りという単純な遊びを深く楽しめるような文化。
本当に、クライミングは唯一無二の文化だと実感します。

そういう、クライミングライフも、アリでしょ?


----------------------------------------------

藤坂ロックガーデン 管理人:齋藤 雅巳さんの藤坂ロックガーデンへの想いより

【97年12月のとある土曜日より、クライミングルートの開拓がスタートした。 垂直の岩場に身を躍らせ、鋸・バール・シャベル等で大小の木々を根元から引き抜くこと 数千本。へばりついたコケ・草・絡み合ったツルの枝また枝をそぎ落とし、都心のビルの 外壁になるまで磨き上げる。岩場までのアプローチ(総延長250m、幅2m)の確保。 県道沿いに山腹をツルハシで削って車両10台分の駐車場造り。谷川に簡易浄化器を使った 水場の設置。数ケ所の取り付き地点のテラス造り等。

 クライミングルートの開拓に至っては、数十回の墜落を余儀なくされ、それでも500本のハンガーボルト・リングボルトを使用して、初心者から中級者までが十分に楽しめる約50本の ルートとトレースが出来た。もちろん、アルパインクライミングとフリークライミングの両方に 対応した設定となっている。その規模は、全体の幅〈北・西・南西・南壁〉合計100m、高さ〈最短20m〜60m、平均35m〉傾斜〈65〜120度、平均80度〉となり、かつてのゲレンデと比較して6倍以上に拡がったのである。各ルートの取り付き地点には“ルート名”“グレード”の書かれたプレートが付けられ、初訪の人でも取り付き易くなっている。これらすべての作業が完了したのは、約2年半の歳月が過ぎた2000年5月のことだった。
 
 以降は、このゲレンデの維持・管理などメンテナンスが重要な課題である。今までに掛かった膨大な費用・時間・労力を考えれば、当然有料化も考えた。しかし、全国から登りに来るクライマー達の明るい笑顔や感謝の言葉を頂くにつけ、私のクライミング人生の後半の一部をこの“藤坂ロックガーデン”に賭けたことに、少しばかりの自負と誇りを覚えるものである。
 
 最後に、この岩場のルートには小さな草や木が、甲斐甲斐しくも必死に生きています。彼らを決して取り除いたりしないでほしい。岩場の開拓・整備と称しての自然破壊という罪も罰も私一人で背負っていく覚悟です。どうか、大切に利用してもらい、後世まで残していきたいと願うばかりです。】


転載元:サイキンノスミコ
http://blogs.yahoo.co.jp/cruze7351smk/5821347.html



藤坂ロックガーデン封鎖のお知らせ
http://blogs.yahoo.co.jp/cruze7351smk/64407998.html



web拍手 by FC2


奥多摩のクライマーにはとても身近なエリアでのアクセス問題です。

川井駅からほど近く、中級者に丁度良いレベルでハイクオリティな課題が楽しめる貴重な岩場だった川井ボルダーが、4/27より登攀禁止となりました。

引き金になった原因はナイトボルダリングとのこと。
詳細は川井キャンプ場のブログをご参照下さい。

http://okutama-unite.com/kawai/blog/


最近では、御岳や塩原など、メジャーな岩場でもナイトボルダリングをされる方が増えているようです。
ナイトが良い、悪い、ということではなくて、人に迷惑がかかるかどうか、一般的な常識の話かもしれません。

特定の地域で行うクライミング行為においては、必ず周辺住民への配慮が必要です。
僕は、ナイトはダメとは言えない。ただ、大勢になればセッションは楽しくなり、うるさくなってしまうし、明かりだって増える。多少なりとも他人に迷惑がかかる可能性があるならば、それは一般常識として好ましくないものと思います。

基本的にナイトボルダリングは一般的な遊びではなく、決して大手を振れる行為ではありません。コソコソと、目立たず、誰にも気づかれない。それでいて、自身の限界に挑戦する。成果があっても誰にも知られず、自分自身と岩との対話のみに真価を求める。そもそもクライミングとはそういうものだったような気もしてきます。


長い間このエリアを支えてきて頂いたローカルクライマーの皆様の残念な気持ちは僕たちが想像できるようなものではない。

この残念なニュース、とても身近なエリアで起こったアクセス問題、もちろん私自身も含めて、今一度考え直し、捉えて頂きたいと思います。



web拍手 by FC2


今までCCPで何度も作ってきた岩場のマナー啓蒙チラシを、ネットショップの配布用としてもう一度まとめてみました。

最近、私はルートの岩場ばかりですので、御岳や瑞牆などのボルダーエリアの現状に詳しいボルダラーの友人みなさんにfacebookなどで意見を聞いたりしながら作りました。

まあ、見てみて。

Clean Climbing Projectのサイトにアップ。
掲示用と、配布用、それぞれカラーとモノクロがあります。
http://www.cleanclimbingproject.com/print/index.html


さて、簡単に私の意図を書きます。

今までCCPでいろいろやってきましたが、そもそもCCPやJFA、アクセス問題などに興味がある人には、岩場のルールなんてもんを説明する必要はありません。

CCPやJFA、そしてアクセス問題ってナーニ?ジブン興味ネーッス、登れればそれでいいーっす って人にこそ、伝えたいもんであります。

そういう人にはどうすれば知ってもらえるかなーと考えた末、オンラインショップでのマットやウェアの発送時に添付することを思いつきました。

って、それも今までCCPのフライヤーでやってたんだけど、CCPに囚われてもダメだから、もうちょっと視野を広げて、知り合いのネットショップをやっている人達に協力を依頼して、みんなでこういうこと、やっていけたら何かしら良くなるんじゃないかってことです。

またいろいろ考えつつ、行動に移していければ、と思ってますので、みなさまご協力ヨロシクオネガイシマス!

web拍手 by FC2


岩場でのマーキングやブラッシング等のマナーについては、色々なところで啓蒙活動が見られますが、やはりクライマー人口が増加していくに従って、チョーク跡は岩のダメージについては問題が増加傾向にあるようです。

公開されて間もない瑞牆ボルダー等でも、チョーク跡については様々な意見が飛び交っているようですが、自分が岩に出向いた時には、登った後も忘れずにチョークを消して、ゴミは持ち帰り、景観を損なわない為に最大限努力したいところですよね。

アメリカのアクセスファンド(アクセス問題に取り組む機関)がマナー向上の啓蒙ビデオを公開しています。
ユーモアに溢れた作品ですが、クライミング先進国でもそれだけ問題になっているということでもあります。





チョーク跡の問題から、もうひとつ。

先日私自身のフェイスブックにてアップしたのですが、御岳の観光関係者に係わっている方のブログでは、クライミングとの共存には賛成ながらも、地元観光関係者の心の内が書かれていて、鮮烈な印象を受けました。

その方の了解が得られましたら、ここのブログでも改めてお知らせしたいと思いますが、そこでは「岩に付いたチョークの跡が景観を汚すという観点から、観光の障害となっていると地元民の批判や反発がある」と書かれています。

そしてアウトドアスポーツをする人間(クライマー)は、地元の商店で買い物や食事をせず、コンビニやスーパーを利用することが多いことも、その批判やアウトドアスポーツを観光資源と考えられないことの根底にあることが伺えました。


クライマー個人においては、こうした根強い問題を解決することはできませんが、個人の範囲でできることはあると思います。マナーを守ることは大前提として、その上で、現地の商店や、食事処をなるべく利用するようにすることも、そのひとつではないでしょうか。


コンビニやスーパーは安くてなんでも買えますが、そのお金は大企業が吸収していきます。

地元商店は品数は少ないし、飲食店は狭くて入りづらいかもしれませんが、そこでしか得られないものでもあり、それに払ったお金は、その人たちの生活に使われます。

便利なものばかりを使っていると、こういったことをすぐ忘れるようになってしまいます。


岩場で問題が起きてから考えているということを除けば、岩と接することでこうした「生き方」まで見つめられるのクライミングの、自然と接することを日常としているクライマーの、素晴らしい部分だと思います。


web拍手 by FC2


リードの岩場の話ですが。

北川の岩場についてJFAより以下の内容で呼びかけがされています。
北川はチャートの前傾壁で、11、12台の良好なルートが多い貴重な岩で、御神体です。
容易なアクセスなので民家が近く、利用状況について懸念されてきました。


北川の岩場

去年には同じく強前傾のチャートの貴重な岩場、奥武蔵の金比羅が登攀禁止となりました。

昨今の増加するクライマーに反比例し、貴重な岩場が減少してしまうことは、大変残念なことです。
例外なく、クライマー全員がそれぞれ、こういったアクセス問題に関心を持ち、他人に迷惑をかけないよう行動すること以外に解決はありません。

岩場はレジャー施設ではありません。

火気の使用、糞尿とその放置、無断幕営やナイトクライミングでの騒音・・・

一人ひとりが、節度ある行動を。

-------------------------------------------------------

以下、JFAサイトより。12/8/14

* 北川の岩場の利用についての注意は以前のNEWS(2008年11月)でお知らせしたとおりですが、利用状況が悪いため、地権者の方が入山禁止を検討しておられるという情報が地元のクライマーから寄せられました。
* NEWS(2008年11月)にもあるとおり、北川の岩場は地元の方々の信仰の対象ですが、地主さんのご好意、地元の方々のご理解により、クライミングを黙認していただいている岩場です。注意事項を遵守して利用していただくようお願いいたします。

JFA 引用元

------------------------------------------------------

北川の岩場、特に注意すべき利用ルールについて(CCP)

岩場下の住民の方、現自治会役員の方、地権者と取り決めたルールは以下の通り。
駐車:岩場へのアプローチ入り口、道路を挟んだ川沿いの場所にそれぞれ2〜3台分。駐車する際はアプローチ入り口横の自治会公民館敷地内にある権現様の賽銭箱に駐車料として500円(1台)を入れ、そのお隣の住民の方がご在宅であれば一言断りを入れる。最寄り駅・西吾野から徒歩30分でも利用可能。
火気:焚火はもちろん、ガスコンロ等の使用、タバコも禁止。
大声:杉林が間伐された結果、見通しや声の通りが非常に良く、クライマーの叫び声などが近隣の住民の所まで届いてしまうようになった。苦情も出ているので静かに利用する。
利用時間:「真っ暗になっても駐車場に見知らぬ車が止まっていると心配なので、できるだけライトなしでも歩けるうちに下山してきてほしい」との要望があった。

clean climbing project 関東のアクセス問題

------------------------------------------------------

以前の北川の岩場のニュース

北川の岩場で落石(10/6/20)
奥武蔵・北川の岩場の利用について(08/11/01)


web拍手 by FC2


JFA NEWSに「瑞牆ボルダーに関する注意」が掲載されています。

昨年ロクスノで瑞牆ボルダーのトポが公開されて以降、主に関東周辺のクライマーが多く訪れているようです。
今回のNEWSでは、「燃えた地図」周辺の取水設備に関することで、アクセス問題ではなく安心しました。

公開されてから半年以上、ワンシーズンが経過しました。もう一度瑞牆での注意事項を確認する丁度よい機会だと思いますので、JFAがまとめた「瑞牆ボルダー利用に関する注意(PDF)」を今一度ご確認ください。


JFAウェブサイト
瑞牆ボルダーに関する注意
http://freeclimb.jp/news/news2012_2.htm#mizugaki





「燃えた地図」の岩から見える車道。
日差しが暖かくて、ついウトウトしてしまう場所です。
web拍手 by FC2


繰り返されるクライマーの失火。
兜岩大手門エリア取付周辺3,000屬鮠銅困垢觧害仍だったようです。

いつも考えて行動しているつもりでも、ふとした弾みで起こるのが常。
日ごろから気を引き締めて、特にエリア内では常に注意を怠らない努力が必要です。

僕らはいつだって加害者・当事者になり得ます。
そういう環境に身を置いているということです。

アクセス問題について、僕は皆さんより多くの情報を見ているでしょうが、その度に思うことはみんなと同じだと思います。
「自分が当事者にならないように」
心からそう思ってます。
また、それと同時に「自分の仲間を当事者にしないように」とも。


アクセス問題を起こらないようにする最高の努力は、
「自分が当事者にならないこと」です。


「自分は大丈夫。」じゃないよ、「自分だって一歩間違えたら・・・」ですよ。



兜岩。
ジャパンカップが終わって3月になって落ち着いたら行こうとお客さんと約束していました。
冬場に暖かく登れる貴重な岩場だったようです。


登攀「自粛」となっただけで大げさかもしれませんが。
山火事なんて過去に何度も起こっていることかもしれませんが。
自然に山火事が起こることだってあるのかもしれませんが。
そんなこと行ったら僕らは登ることさえできなくなってしまうという人もいるかもしれませんが。

人為的にボルトが打たれ、人為的に焼かれた、この岩を、このことを忘れちゃいけない。
そして僕らが普段登っている岩も、ほんの少しのタイミングで、そうなってしまうことも、忘れちゃいけない。
クライマーとしてではなく、一人の人間として。



JFA アクセス問題
http://freeclimb.jp/news/news2012_1.htm#kabuto

山梨県フリークライミング情報
http://nin29.com/Climbing/index.htm


延焼範囲、周辺写真等掲載されています。
是非、ご一読ください。


web拍手 by FC2


昨年末の埼玉・秩父の天覧山に加え、飯能にある多峯主山の岩場が登攀禁止になりました。

また、愛知県豊田ボルダーエリアでも、昨今の盛り上がりと比例して多くの問題を抱えているようです。

豊田ボルダーについてのルール・マナーは以前から話されておりましたが、改めてJFAのトップページに記載がありましたので、以下にリンクを掲載します。

行かれる方は今一度ご確認をお願いします。
http://freeclimb.jp/index.htm#toyota
※記事の下には注意が必要な岩場のルールのリストも掲載されていますのでそちらもあわせてご覧ください。



web拍手 by FC2


名栗・河又の岩場 利用についての注意事項について、訂正されたPDF利用説明がJFAより公開されています。

ご利用になられる方は、必ずご確認後、ルールを守ってご利用下さい。

名栗・河又の岩場 利用についての注意事項
http://freeclimb.jp/news/data/2010/kawamata_riyou.pdf
web拍手 by FC2


マーブーからもほど近い、貴重なルートのエリア「神戸の岩場」でのボルト脱落についての記事がJFAウェブサイトに掲載されています。
エリアに通っている方、行かれる予定がある方は、チェックしてから行ってください。


以下、JFAウェブサイトより転載
http://freeclimb.jp/news/news2011_2.htm#kanoto

* ブログなどで伝えられていますが、5月22日に秋川・神戸の岩場の“御開帳”の、リボルトされたケミカルアンカー(6本目)が脱落しました。幸いクライミング中ではなく、別ルートを登ってロワーダウン中にボルトの異常に気づいた方が確認したところ、手で引き抜ける状態だったとのことです

* この情報を受け、5月26日にJFAスタッフが現地確認と脱落した箇所のボルト再設置をおこないました。その際は、ボルトが抜けた穴は使用せずにケミカル剤でフタをし、近くに別の穴をあけて設置しています。

* 脱落したボルトは、ボルトを固定するケミカル剤が十分硬化していませんでした。可能性としては施工に使用した機材のノズルの不良などが考えられますが、今回の現場確認でもその原因は特定できていません。同ルートの前後のボルト、及び周辺のルートのボルトはケミカル剤が硬化しており、今回脱落したボルトにのみ問題が生じたと言うことです。

* なお再設置したボルトは、当日の状態では問題なく硬化していると思われますが、悪天が続いたため施工後の最終確認は完了しておりません(5/31現在)。近日中に再確認を行いますが、それ以前にトライする予定のある方は、ケミカル剤の硬化状態などを確認の上、登るようにしてください。

* なお「神戸の岩場」を「神戸岩」と呼ぶ方が多いようですが、「神戸岩」は秋川のさらに奥にある別の岩で、こちらは観光スポットでもありクライミングの対象になっていません。一般の方に誤解を与えないためにもご注意いただくようお願いいたします。

(11/05/31)

web拍手 by FC2


最新のお知らせ
カテゴリー
マーブーオンラインショップのブログ新着情報
twitter.gif
過去のお知らせ



RSSリーダー

このページのトップへ