マーブーブログ

ボルダリング専用クライミングジム・マーブー
クライミングジム・マーブー トップページへ
初めての方お知らせ料金 / 営業時間講習会のご案内映像と写真エスプレッソお問い合わせ

お知らせ

普段のNEWSは Facebook か、 twitter でチェック
第2回 トペ・コンヒーロについてのご説明になります。


開催日
10月02日(日)

申込期間
今日から前日(10/01)まで。

申込資格
マーブーの回数券、月券、または期限切れのどちらかの券をお持ちの方。

申込方法
店頭受付のみとなります。
エントリーする時のリングネームを考えておいてください。

参加料金
540円(税込)

お支払い方法
当日、店頭にてお願いいたします。

キャンセル、その他お問い合わせ

店頭スタッフにお伝えください。 



─── 前回からの変更点 ──────────────────

競技ルール
予選によって行われるクラス分けは廃止となります。
また、予選第2ラウンドが準決勝に変更となります。
そして、予選、準決勝、決勝、全てセッション方式で行われます。

準決勝は予選課題+2課題、決勝は準決勝課題+2課題、となります。
また、準決勝、決勝、共にその他の競技ルールは予選と同様です。


ポイント
ポイントは完登数から得られます。
第2回から、クラス分けは廃止となりますが、ポイント追加のシステムは従来通りになります。
決勝ラウンド終了時点で、完登数によってついた順位を半分に分け、上半分の上位5名、下半分の上位5名が選ばれます。
上位3位の決定は、前回同様じゃんけんとなります。
与えられるポイントについては従来通りです。



─── 当日の日程など ──────────────────

10:30 受付開始
11:00 競技説明
11:10 予選開始



※万が一遅れた場合、予選終了の11時30分までは出場いただけます。
尚、遅れた場合でも予選終了時間に変更はございませんので、ご了承ください。


お車で来られる方へ
当日は駐車場の混雑が予想されます。
できる限り、他の参加者と乗り合わせてご来場ください。
また、店舗前駐車場はめいっぱい車を停めますので、途中で出ることが難しくなります。

早くお帰りになられる方や、お昼休憩時などに外に出られることをお考えの方は、第2駐車場をご利用ください。




─── 競技ルールについて ─────────────────────

予選、準決勝、決勝、全てセッション方式(6〜10課題)で行います。
受付時にジャッジシートをお渡ししますので、そちらに完登をご記入していただきます。

尚、当日のルール説明は軽く行う程度ですので、事前にスタッフ海藤にご確認ください。




─── ご不明な点など ─────────────────────

ルートセットなど、トペ・コンヒーロはスタッフ海藤が行います。
気合やら魂を込めて挑みますが、力不足故に当日はスタッフ海藤は大忙しで、ご質問に答える余裕がありません。
もしご不明な点がありましたら、些細なことでも事前に是非店頭でのご質問や、お電話(042−569−0024)にてご連絡ください。



それでは、当日、みなさまのパフォーマンスを楽しみに、お待ちしております。
web拍手 by FC2


記念すべき第1回のトペコンが終了しました。
誠に残念ながら、ジャーマンスープレックスにより1名が顎の骨を負傷するアクシデントがありましたが、なんとかゴングを迎えられました。

第1回のリザルトです。






1位から5位まではポイント獲得となり、1戦目は順位変わらず以下のようなポイントランキングになっています。



現在のランキング
---------------------------------------------------------

◇ポイントランキング(上のクラス)

1. イシカワ・ザ・ジャイアント (10ポイント)
2. デイビーボーイ・スミス (6ポイント)
3. クラッシャー・バナンバナン (4ポイント)
4. 西宮馬之助 (2ポイント)
5. ジャンボ・ナニヤマ (1ポイント)



◇ポイントランキング(下のクラス)

1. オガワ・フォーメリック (10ポイント)
2. ストロングマシン1剛 (6ポイント)
3. オノ・ウィリアムス (4ポイント)
4. ダンプ・マツモト (2ポイント)
5. ムネ・サイトー (1ポイント)

---------------------------------------------------------
web拍手 by FC2


壁のメンテナンスに伴い、14日(水)から翌週19日(月)まではビギナーウォールはご利用頂けません。
大変ご迷惑おかけいたします。
web拍手 by FC2


第1回 トペ・コンヒーロについてのご説明になります。


開催日
9月18日(日)

申込期間
今日から前日(9/17)まで。

申込資格
マーブーの回数券、月券、または期限切れのどちらかの券をお持ちの方。

申込方法
店頭受付のみとなります。
エントリーする時のリングネームを考えておいてください。

参加料金
540円(税込)

お支払い方法
当日、店頭にてお願いいたします。

キャンセル、その他お問い合わせ

店頭スタッフにお伝えください。 




─── 当日の日程など ──────────────────

10:30 受付開始
11:00 競技説明
11:10 予選開始


当日の詳細スケジュールにつきましては、こちらをご確認ください。

※万が一遅れた場合、予選終了の12時までは出場いただけます。
尚、遅れた場合でも予選終了時間に変更はございませんので、ご了承ください。


お車で来られる方へ
当日は駐車場の混雑が予想されます。
できる限り、他の参加者と乗り合わせてご来場ください。
また、店舗前駐車場はめいっぱい車を停めますので、途中で出ることが難しくなります。

早くお帰りになられる方や、お昼休憩時などに外に出られることをお考えの方は、第2駐車場をご利用ください。




─── 競技ルールについて ─────────────────────

予選はセッション方式で行います。
受付時にジャッジシートをお渡ししますので、そちらに完登をご記入していただきます。
決勝はオンザイト方式にて行います。

尚、当日のルール説明は軽く行う程度ですので、事前にこちらでご確認ください。




─── ご不明な点など ─────────────────────

ルートセットなど、トペ・コンヒーロはスタッフ海藤が行います。
気合やら魂を込めて挑みますが、力不足故に当日はスタッフ海藤は大忙しで、ご質問に答える余裕がありません。
もしご不明な点がありましたら、些細なことでも事前に是非店頭でのご質問や、お電話(042−569−0024)にてご連絡ください。



それでは、当日、みなさまのパフォーマンスを楽しみに、お待ちしております。


web拍手 by FC2


シンガポールから帰ってきて気づいたら1ヶ月ほど経っていました、海藤です。
3ヶ月シンガポールにいたというのが一週間くらいに感じます。
時間の流れの早さを感じます。

さて、その3ヶ月のシンガポールは、怪我なく病気なく無事に生活できました。
これは僕の身体が丈夫とかそんな理由ではなくて、周りのサポートがあってこそのものだと感じています。
思い返すほど、感謝の気持ちが溢れてきます。

シンガポール生活が始まる、正にその入国時、早速審査で引っかかり、僕をシンガポールへと呼んでくれたBenさんに多大な迷惑をかけてしまいました。
しかし遅れてしまったことも責めず、恐らく予想以上であったであろう僕のとてもひどい英語力にも笑顔で対応してくれました。

何を言っても通じない僕に、わかりやすい英語と、たまに日本語で話し掛けてくれ、何を言ってるのかわからない僕の話に真摯に耳を傾けてくれました。
それはBenさんだけでなく、シンガポールで会った人々みんながそうでした。

僕がたくさん食べると知るや、様々な差し入れを持ってきてくれたり、様々な飲食店を紹介してくれました。
おかげで料理に関して知識が広がりました。
もちろん飲食店だけでなく、一緒に観光地についてきて案内してくれたり、日常だけでなく休みの日までお世話になりました。

シンガポールへはルートセットを主にしていました。
前日にセットする壁のホールドを外しておいてくれるスタッフ、外したホールドを洗ってくれるスタッフ、それを乾かして元の場所へと戻してくれるスタッフ。
僕がセットに集中して挑めたのは、たくさんのスタッフが支えてくれたからです。

休みや仕事終わり、一緒にセッションしてトレーニングに明け暮れた日々は素晴らしいものでした。
僕の貧弱な身体では、みんなのフィジカルの強さには到底及ばず、毎日モチベーションを貰う日々。
トレーニングの後に一緒に食べる夕飯、そこで食べる料理はどれも美味しく幸せな気持ちになりました。

僕はホームステイしていましたが、その家の持ち主であるジェニーさんとリチャードさんは家にいないことが多く、どんな奴かもわからない僕を誰もいない我が家に住まわせてくれ、「何でも自由に使っていいよ」と何度も言ってくれました。
病気や怪我をしないくらい疲れがとれたのはこの助けがあったからです。

そして、シンガポールで思い出深いのは、pumpfest 2016のセット。
僕にとっては初の大舞台でのセットです。
そこで感じたのは、シンガポールのクライミングに対する熱気というか、なにか上手く言葉では言えないもの。
選手たちの勇姿、あの日、あの瞬間に味わった緊張感や興奮は、とても忘れられるものではありません。
この場に携えて本当に嬉しいです。

こんな経験はしたいと思ってできるものではないとは思います。
僕は幸せものです。
実はずっと昔から、頭の片隅にあった、「いつか海外のジムに修行みたいなことしに行くのかな」なんて、想像の中でしかなかった未来がこんな形で迎えにきてくれたなんて。
そしてそれがこんなにも素敵なものだなんて。
僕は運がいいです。

実際初の海外での生活が、大きな事件事故なく終えられたのは、運が良かった。
辛いこともあった気がするけど、覚えてないくらいですから、きっと大したことないです。
そしてそれが大したことなかったのも、色んな人に支えてもらえたおかげです。

シンガポールにいる間にも成長し、シンガポールの人々に僕にできる最高のものを提供するなんて息巻いてる時もありました。
実際はそれどころか、何をするにも支えられ、それでも必死にやったものは支えてくれた人達の恩返しになったのか。
それには僕はあまりにも未熟な上、成長も遅く、正直今となってはよくわかりません。
しかし、この先僕に協力できることがあれば、僕はいつだって喜んで協力したい。

それまで僕にできることは努力を続けることであり考えること、ですね。
僕がシンガポールと日本でお世話になった人達に、どんな恩返しができるかは、また先の話になりそうです。

本当に本当にありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。



web拍手 by FC2


皆さんこんにちは、スタッフの海藤です。
突然ですが告知です。

プチコンペを開催いたします。


その名も、、、、








それは、平凡な日常に突如として襲いかかってくるかも知れない。

普段の道場破りなど目ではない、その背後にある大きな影、大きな壁でもある… 四天王!



来る四天王との戦いの日を考えると、不安で夜も眠れない。

備えなくてはならない…戦いに!



そこで我々は、常連中の常連、栄誉あるトップランカーを選出する必要がある!

そのために、このコンペを開催することを決意した!

マーブーの誇るクレイジーでファニーフィーチャーなイカれたお客様の本気を魅せてくれ!

今こそ、クレイジー中のクレイジー、マーブー十傑を決めてやろうではないか!

立ち上がれ!ミニマミスト!!




─── 開催日程について──────────────────

土曜か日曜、朝10時から14時頃までを予定しています。
途中、お昼休憩、一服休憩時間も設けていますので、お気軽にご参加ください。
尚、土曜か日曜かなど、開催日等については、前もって告知していきます。

トペ・コンヒーロは全10回のシリーズ戦です。

そして記念すべき第一回は、9/18(日)開催です。

開催場所は、マーブービギナーウォールにて行います。

第1回の詳細は後ほどアップします。


※9/18(日)の開店後1時間はビギナーウォールは参加者以外ご利用できません。




─── 参加資格について ──────────────────

マーブーの回数券・月券をお持ちの方(期限切れ含む)となります。
大変申し訳ございませんがこれらをお持ちでない方は、トペ・コンヒーロにご参加いただけません。




─── マーブー十傑について ──────────────────

どのようにマーブー十傑を決めるのか。

それは、完登と決勝順位によって得られるポイントによって決められます。

予選は20分間2ラウンドのセッション方式で行い、この完登数からポイントが付きます。
同時に、こちらのリザルトからクラス分けを行います。
完登数の多い順に順位がつき、その結果を半分に切り、クラスを2つに分けます。
決勝に出場できるのは各クラス5人(全体が10人未満の場合は3人)まで、超えた場合はジャンケンで決めていただきます。

決勝は、各人4分間で1課題をトライする、オンサイト方式にて行います。
こちらも完登数にて順位とポイントがつき、上位3名が選ばれます。
この上位3名でジャンケンをしていただき、1〜3位が決まります。

そして、決勝の順位によっても、以下のようにポイントが獲得できます。
1位、10ポイント獲得。
2位、6ポイント獲得。
3位、4ポイント獲得。
4位、2ポイント獲得。
5位、1ポイント獲得。

そして忘れちゃいけない、このトペ・コンヒーロは全10回のシリーズ戦になります。

課題を完登する強さと技術、継続して参加する精神力、ジャンケンに勝つ運。

そう、マーブー十傑に君臨するには、その全てが必要になる。

ちなみに、各回優勝者にはスタッフ海藤から景品が贈呈されます。
こちらも、どんなものかは運次第です。



ということで、みなさま、


続報を待て!!!

web拍手 by FC2


それは突然でした。
僕の両親が4日間のシンガポールツアーでシンガポールへと来ました。
びっくり海藤です。


4日間のうちの1日がフリーらしく、その日に一緒に観光をしました。
よく行くOnsightの近くの飲食店で、よく食べる料理を紹介して一緒に食べたり、植物好きの両親を植物園へと連れて行ったり、暗くなってからマーライオンを観に行ったりしました。
短い時間でしたが、両親も喜んでいたようでよかったです。


飲食店では、見知らぬおばさんに「その食べ物は私の注文した物のはずだ!返せ!」と、初めて飲食店で絡まれましたが、僕は大丈夫です。
最近降ってなかったスコールが、植物園で半分くらい観光したところで降り、いつもは割とすぐ止んでくれるのが、1時間ほど降り続けずっと雨宿りしたり。
帰りは両親に見送られながら、地下へと向かう下りのエスカレーターに乗るつもりが、地下から来る上りのエスカレーターへ向かい逆走しかけ、近くにいた外人に笑われたりもしましたが、僕は大丈夫です。


さて、長いようでとても短かった3か月も終わりです。
実は今チャンギ空港へと向かうところです。
たくさんのひとにお世話になりました。
このチャンギ空港へと向かうのも、「空港まで送ろうか?」たくさんの人が尋ねてくれて僕は幸せ者です。
ちなみに、ガールフレンドはできませんでした。


空港に着いたら、日本ではなく南アフリカへと行きます。
シンガポールのクライマー達のロックランズツアーに同行させてもらえることになりました、僕は幸せ者です。



南アフリカではあんまりハプニングないといいな…と願ってます。


あと、無事空港にたどり着くことも願ってます。

web拍手 by FC2


残り1カ月。
と思ってたら、あっと言う間にあと1週間少しでシンガポール生活ともお別れです。海藤です。


前回シンガポールに来た時に引っかかった入国審査もあっさりと済み、順調なスタートを切り、何事もなくシンガポール生活を送っております。

と言いたいところですが、毎日パタパタしてるのは変わらずで、、、

まず滞在できる日数の延長手続きのため、病院?へ健康診断っぽいことしに行き、診断が終わったのがわからず、終わったと思われる時間から1時間近く待ってたり…。

健康診断の結果が届いてからは、結果の提出と延長手続きをしに行き、「書類が足りないし健康診断の結果はいらない」と追い返され…。

私事では、期日前投票を逃した僕は在外選挙の為に日本大使館に行き、登録証発行に2ヶ月ほどかかる、と門前払いを食らい選挙にも参加できず…。

シンガポール生活初の観光でマーライオンを見に行ったら、マレーシアから来たというおじさんに、「1ドル50セントくれ」とたかられたり…。

色々ありましたが、無事ではないですが手続きは済み、今回は超過滞在を免れました。
ありがとうございます。


シンガポール生活に入る前言われていましたが、
「生活に馴染んできて、言葉に慣れて、たくさん話せるようになって、友達が増えて、ようやく楽しくなってきた頃に帰るんだよねー。」
本当、この通りです。

言葉は正直未だ慣れていませんし、全然話せませんが、話せないなりにもコミュニケーションを取れるようになってきたので、寂しいところです。
残り1週間少し、楽しみます。


ちなみに、1ドル50セントおじさんとの会話は、
Excuse me…I want …Because…MRT…1$50¢…
だけ聞き取れて、MRTは電車のことで、70¢ほどの小銭見せながらだったので、1$50¢ほしいのだろうと(多分)理解し、
「You need 1$50¢?」だけ聞き返したところ、
Yes, Because…MRT…
だけ聞き取れたので、1ドル50セント渡し、その最中も、
Thank you…I'm…Malaysia…
だけ聞き取れ、おじさんの前から立ち去る時にも、
Thank you…MRT…
と言っていたので、人助けしました。(多分)
ちょっと無用心な気もしますが、おじさんが喜んでたので結果オーライということで…。(多分)
こうして振り返ってみると、英語をまるで聞き取れてないですね。

もう少しでシンガポール生活終わりですが、もっと英語頑張ります。



もう少しで終わりですが、初の観光。
web拍手 by FC2


海藤です。今、羽田空港です。

前回諸事情により緊急帰国し、5日ほどお店で仕事をして、気がつけば、これからまた飛行機に乗るところです。



日本に帰ってからなに不自由なく生きていけると思ってましたが、空港から自宅へ帰るバスを2度間違えたり、車のバッテリーが上がって動かなくなって、なんとか動かしたら今度は道の真ん中で止まって大渋滞を生み出したり、2度目の出発準備なのにアレないコレないバタバタしたり、と日本でも相変わらずでした。


話が逸れました。
んで、シンガポールへと戻ることになった私。

そもそも、また行ってもいいのかな、という不安もありますが、こんな贅沢な機会はなかなかないので有難くもう一度出向かせて頂きます。

今度は前回のシンガポール修行の続きとなるので、滞在期間は前回の残りの1ヶ月!
贅沢!ありがとうございます!

しかし今回の僕はひと味違います。

前行った時のような、航空券すら何がどう違うのか判断できないくらいのレベルより、ほんの少しは成長しました。
シンガポール英語が少しは聞き取れるようになりましたし、
Suicaも改札口に挿すなんてことしません!が、バスはよくわかりません。

…でかいこと言いましたが、あんまり変わってない気がしてきました。



航空券は、Benさんが午前0時の便を予約してくれていてシンガポールへ着くのは翌朝6時くらい。

ちなみに、またもBenさんが迎えに来てくれるらしいです、本当にありがとうございます。
着いてから早速ルートセットとの連絡あり、気合いも入ります!


気合い充分でバスに乗り込んだところ、

運転手「どちらに向いますか?」

僕 「羽田空港です!」

運転手「これ、長野行きますけど…」



そもそも無事に辿りつけるのか。
とりあえず羽田空港には無事着けました。
よかったです。


web拍手 by FC2


前回、超過滞在していたことに気付き、次の日にすぐ滞在手続きをしに行きました。
超過滞在の理由とその謝罪の手紙や、その他手続き、罰金など、Benが一緒に来てくれたのでスムーズに済ませることができました…。
しかし、延長滞在期間は1週間だけ、1週間以内に日本へ戻ることが必要になりました。

それがちょうど6日前。
そして今日急遽帰国しました。海藤です。


さて、帰国までの6日間は何をしていたのかと言うと、ジムの仕事もしていましたが、Boulder Activeという海外からゲストクライマーも参戦するような、シンガポールで最も大きいコンペに、Openカテゴリーで土日の2日間参加していました。

まず予選は、8課題60分間セッション方式で、僕は50分経過時点で2本しか落としていませんでした。(かなり焦ってました)
その後、奇跡が起きてギリギリで準決勝へ進み、なんとか準決勝も通過して、決勝へと進むことができました…が、結果から言うとボロ負けです。
1課題目は、課題の最初のランジを止められず課題が始まらない。
2課題目は、スラブのフットホールドが踏めず、ずり落ちてばかりで課題が始まらない。
3課題目は、1トライ目でゴールまで行くもゴール落ち、力尽きて最終トライに賭けるも途中で落ち。
4課題目は、よくわからないまま終わりました。

いっぱい応援してもらったのですが、力及ばず、不甲斐ない登りをしてしまいました。

コンペ終了後は中々立ち直れなくて、沢山のクライマー達に励まされてしまいました、心が強くありません。
次の日にOnsightにてルートセットを行いましたが、もうそこら中痛くてボロボロです、体力もありません。
シンガポールで1番登れる傾斜はスラブだと思っていたのですが、今回のコンペでは予選〜決勝まで1度もスラブは登れなく、自分の得意不得意も把握できていません。
ルートセットやクライミング、クライミングだけでなく普段の生活においても、何か特筆して長けているものなど僕にはありません。
ですが僕は諦めが悪いようで、頑張って少しずつでも成長したいと思っています。
そんなシンガポール生活でした。

そして実は、今日から1週間後にまたシンガポールへと戻ります。
日本の皆さん、こんな僕ですが今日から1週間、よろしくお願い申し上げます。
毎日色々やらかしてますが、超過滞在のような大きいミスはしないように気をつけます…。
これは、シンガポール修行一の失敗でしょう(であってほしいです)。

そして日本に帰ってきて早々、バスの乗り間違えを2回しそうになりました。(係りの人に止められました)

写真は準決勝の1課題のスラブ。とても緊張してます。



web拍手 by FC2


最新のお知らせ
カテゴリー
マーブーオンラインショップのブログ新着情報
twitter.gif
過去のお知らせ



RSSリーダー

このページのトップへ